留学先、移住先としても人気 カナダの教育カリキュラムとは

カナダ式のインターナショナルスクールの場合、各スクールはカナダの各州の教育省から認可を受けています。

日本にあるカナダ式のコロンビアインターナショナルスクール、大阪YMCAインターナショナルスクールは、オンタリオ州教育省の認可です。カナディアンインターナショナルスクールは、プリンス・エドワード・アイランド州教育省から認可を受けています。

高校課程を修了するには、規定の単位を取得しなければなりませんが、これも州によって異なります。例えば、B.C.州では、卒業するためにグレード11と12で、52単位を取得し、州の統一試験に合格する必要があります。オンタリオ州の高校課程(グレード9~12)の場合は、4年間に18の必修単位と12の選択単位を取得しなければなりません。さらに、地域の交流活動に40時間参加し、州の英語テストに合格しないと卒業できません。また、ケベック州では、初等・中等教育のあと、大学進学希望者はCEGEP(college d’enseignement general et professionel)とよばれる短大で、2年間勉強する必要があります。他の州の高校でも「職業コース」と「大学進学コース」があり、進学希望者は希望専攻分野の勉強をすることになります。

このように、カナダの教育制度は、州によって大きく異なります。カナダの大学への進学で必要なのは内申書、エッセイです。カナダでは統一試験や入試がありません。当然偏差値もありませんが、大学入学の難易度はあります。高校の成績で、総合の成績がB以上(ABCDEの5段階)、3.0以上(4段階評価)というように入学基準があります。

カナダの大学では、カナダの大学に入学申込をする前に学んでいた学校の成績が重要になります。また、学部によって入学資格や基準が多少異なります。大学の申込みページには、こういった入学概要が詳しく掲載されていますので、学生はそれを事前にチェックし、自分が必要なものを勉強し、成績も上位をキープするよう努力します。

日本の大学入試とは大きく違いますが、どちらも日頃からコツコツ努力をすることが
必要です。ですが、カナダ以上に日頃の勉強を重んじるている国はないように思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大