IBディプロマと日本の高校卒業資格を両方取得できる学校がある!

将来お子さんを海外へ留学させたいと思っているママが注目しているIB教育。
その教育メソッドの魅力に我が子もIBの教育を受けさせたいと考えるママが増加し、お子さんが小学生のうちから母子留学をしたり、中学生くらいから単身海外留学させるケースもあるようです。ただ、これらの選択はハードルが高いのも事実。またインターナショナルスクールでIBディプロマを取得させたいけれど、日本の学校の卒業資格は捨て難いと思う方も多いでしょう。
IB教育について、詳しく説明している記事はこちら

そんなママに、理想的な学校(1条校)がある!


※1条校とは

学校教育法第一条に定められた学校の総称。日本で学校と認められている幼稚園・小学校・中学校・高等学校・中等教育学校・大学・高等専門学校・盲学校・聾学校・養護学校のこと。
各種学校や職業訓練校,保育所は含まない。日本におけるインターナショナルスクールの多くは各種学校になります。

文部科学省では、グローバル人材育成の観点から、日本における国際バカロレア(IB)の普及・拡大を推進しています。これにより日本でもIBプログラムを受けられる学校が着々と増えています。以下、文部科学省が学校と認め(日本の卒業資格あり)IBディプロマ課程がある学校をご紹介します。


仙台育英学園高等学校  宮城県  

仙台育英学園高等学校ホームページへリンク

2015年 2月(IBDP)認定校となる 4月開講

・東北唯一の国際バカロレア ディプロマ プログラム
・海外姉妹校への長期留学制度も整っている
・第一期生のIBディプロマ取得試験は16年11月予定。

授業料 通常の授業料+IBプログラム教育費


ぐんま国際アカデミー 群馬県 

ぐんま国際アカデミーホームページへリンク 

2011年10月 (IBDP)認定校となる

・英語イマージョン教育
・小中高12年一貫校
・半官半民の学校なので学費が他校に比べ安い。
・教育特区でいち早く国際バカロレアを導入。
・一期生の進学先も公表された

入学金 大田区市内在住者 20万円 市外在住者 40万
高等部 学費・諸経費
授業料 58,000 円 /月(年間 696,000 円)
施設費 100,000円
厚生費 6,000円
教材費 36,000円
11年生(高校 2 年生)から IBDP(国際バカロレア ディプロマ コース)を専攻する生徒の授業料は 月額 15,000 円が追加となる。
(海外への修学旅行費など必要な出費は多い)

※英語イマージョン教育とは
immersionとは「浸すこと」という意味。英語イマージョン教育とは英語に浸してしまうことで、英語を習得させる方法です。例えば理科や社会といったある教科をその外国語で学ぶことで、自然とその外国語を習得するという方法。


玉川学園中学部・高等部 東京都 

玉川学園中学部・高等部ホームページへリンク 

2010年4月 (IBDP)認定校となる
2009年3月 MYP(ミドルイヤーズプログラム)11歳~16歳を対象にしたプログラム 認定校

・日本で2番目の認定校
・母国語(日本語)と英語の両方を大切にするバイリンガル育成を目指している

入学金 50,000円
10年生(高等部)国際バカロレアクラス
学費・諸経費
授業料 1,326,000 円  / 年
教育諸料 144,000 円
教育情報料 40,000円
施設設備費 220,000円


東京学芸大学附属国際中等教育学校  東京都 

東京学芸大学附属国際中等教育学校ホームページへリンク

2015年3月 (IBDP)認定校となる

・国際バカロレア(IB)の中等教育プログラム(MYP) の考えをもとに、6年一貫教育の中で実施するカリキュラム
・英語イマージョン教育
・ユネスコスクール加盟校
・全体的に海外に留学する生徒より、日本の国公立、有名私大へ進学する生徒が多い。
・2013年卒業生がハーバード、イェール、スタンフォードなどに合格している。

授業料 月9,600円 他諸経費

※ユネスコスクールとは
ユネスコの理念を実現するため、平和や国際的な連携を実践する学校。ユネスコスクールでは、そのグローバルなネットワークを活用し、世界中の学校と交流し、生徒間・教師間で情報や体験を分かち合い 、地球規模の諸問題に若者が対処できるような新しい教育内容や手法の開発、発展が目指されている。日本では2015年5月19日現在、939校の幼稚園、小学校、中学校、高等学校、大学、特別支援学校等が加盟している。


東京都立国際高等学校 東京都 

東京都立国際高等学校ホームページへリンク

2015年3月 (IBDP)認定校となる

・原則、海外の大学進学を目指すコースである。
・公立高等学校授業料無償制によりディプロマ課程を学べる。このような例は世界でも珍しい。

学費 118,800円/年 これに教材に係る費用や行事等に係る積立金が加わる。
ディプロマ資格取得に係る費用等が別途


ISAK インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢 長野県

スクール・オブ・アジア軽井沢ホームページへリンク 

2014年 8月開校

・全寮制のインターナショナルスクール
・7割の生徒が世界各国からの留学生、3割が日本人
・世界のトップインターナショナルスクールであるUWCの日本校にもなる可能性がある。
・充実した奨学金プログラムがあり、志が高く、優秀な若者であれば、居住国にかかわらず、誰でも応募できる。全額奨学金では、授業料、寮費、施設費が免除される。

入学金 60万円

学費・諸経費
授業料  259万円/年
寮 費 103.5万円/年
施設費 30万円/年

※UWCとは
United World Collegesの略。ロンドンに本部を置く非営利のインターナショナル・スクール。日本を含め世界約80の国と地域で、高校生に対して毎年選考試験を行い、合格者には奨学金を提供、世界12カ国にあるUWC校に2年間派遣する。各国から集まった生徒は、勉学・課外活動を2年間共にし、その過程で異文化理解を実践する。日本からの派遣のある8校は基本的に全寮制。


加藤学園暁秀高等学校・中学校 静岡県沼津市 

加藤学園暁秀高等学校・中学校ホームページへリンク

2002年(IBDP)認定校となる

・日本初の日本の学校の国際バカロレア認定校
・幼稚園から高校まで英語イマージョン教育を実践する日本で最初の学校であり、イマージョン教育の先駆者として国際的に認められている。
・2004年に1期生が卒業 ハーバード大学 エール大学 など有名大学への進学実績あり。

入学金 180,000円
10年生(高等部)国際バカロレアクラス
学費・諸経費
授業料+その他経費 81,000 円  / 月
特待生制度、奨学金制度あり


名古屋国際高等学校 愛知県 

名古屋国際中学校・高等学校ホームページへリンク

2003年に設立した私立の共学、中高一貫校
2014年12月に、(IBDP)認定校となる
2015年4月よりディプロマプログラム開始

・ユネスコスクール加盟校
・英語の授業以外は日本語で授業

入学金 220,000円

学費・諸経費(高校)
前期、後期2期に分割して納入
前期 278,350円
後期 267,750円


立命館宇治高等学校  京都府 

立命館宇治中学校・高等学校ホームページへリンク

2009年 西日本初の国際バカロレア認定校となる

・国際型中高一貫校
・国際バカロレアコースとイマージョンコースがある
・2011年1期生卒業
2012年、東アジアで一人の45点満点の生徒を出した

入学金 120,000円
学費・諸経費(高校)

授業料・教育充実費 929,000円
諸経費 107,800円
IM:70,000円  IB:600,000円 別途必要
IMコースについては、留学関係費用が別途必要


AICJ高等学校 広島県 

AICJ中学・高等学校ホームページへリンク

2009年(IBDP)認定校となる

・2006年に開校した私立の中高一貫校である。学校の運営は広島で「鴎州塾」を展開する鴎州コーポレーション傘下の「学校法人AICJ鴎州学園」が行う
ニュージーランドに姉妹校あり
世界ランキング100位以内の大学に延べ50名が合格

入学金・施設設備費 270,000
IBDP コース 授業料・諸経費 620,00円/月


リンデンホールスクール中高学部 福岡県 

リンデンホールスクール中高学部ホームページへリンク

2010年 開校
2013年10月(IBDP)認定校となる

・小学部から中高12年間IBのプログラムで学ぶ事ができる
英語イマ―ジョンスクール

入学時
入学金 300,000円
教育充実費 40,000円
施設充実費 40,000円

授業料  88,000円/月
IB教育費 22,000円/月
後援会費 2,000円/月


沖縄尚学高等学校 沖縄県 

沖縄尚学高等学校・附属中学校ホームページへリンク

2015年 2月(IBDP)認定校となる

・野球などのスポーツとともに進学校としても有名
・IBプログラムはスタートしたばかり

入学金 1200,000円
授業料・諸経費 484,840円/年
3期に分けて納入


IBディプロマ認定校となってから日が浅い学校が多く、進学実績なども少ないのが現状のようです。また、日本においてIBDPの授業を教える事が出来る教師が少なく、その教師の経験不足も気になる所です。

ですが、日本の文部科学省で認めた1条校であれば、仮にIBDPの取得ができなくても
日本の高校卒業資格を取得することができます。この点は大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大