インター生の英国義務教育終了資格 IGCSEの結果が進路を決める

既に英国式インターナショナルスクールのプライマリーに通わせている親御さん、これからどのインターナショナルスクールに通わせようかと考えている親御さんが知っておきたいIGCSE。

IGCSEとは、インターナショナル・スクールの生徒を対象とした、英国の義務教育終了資格試験。(International General Certificate of Secondary Education)

英国以外の国で、英国のプログラム(ケンブリッジプログラム)を行っているインターナショナルスクールでは、Year 6までがプライマリー、Year7からセカンダリーが始まり,YEAR10、11、(日本では高校1年生、2年生)の2年間をかけてIGCSEの為のカリキュラムで学び、最終的に試験を受けます。

GCSE(英国内でのカリキュラム)での試験に比べ、内容が英語が母国語でない受験生にも配慮されているのが特徴です。さらに、GCSEと比べて内容が高度なため、英国内の進学実績が売りの私立校が、GCSE代わりにIGCSEを好んで導入しているという側面もあります。

セカンダリー Year 7~Year 9の期間

一般学習教養の基本教科中心に学びます。
英語、英文学、数学、理科、歴史、地理の基本教科,

コンピューター(ICT)デザイン&テクノロジー(DT)、音楽、アート、ドラマ、体育、
現代外国語(ドイツ語 フランス語 中国語 スペイン語など)10~13教科ほどを学習します。
外国語の種類や、基本科目以外の教科は、学校によって違います。

Year10,Year11

「文系」「理系」など希望大学や学部進路をふまえて、IGCSEコースでの教科を選択します。選択は一般的に5~12教科を本人が決定します。

必須科目
英語、数学と生物、化学、物理の理科3科目から2科目
 +
選択科目
歴史、地理、コンピューター(ICT)、ビジネススタディ、 Music、Art、Drama、から4科目現代外国語(ドイツ語 フランス語 中国語 スペイン語など二外国語(ドイツ語・フランス語・中国語・スペイン語)などから1科目(選択できる言語は学校によります)

そしてテストのない科目がHealth EducationとPhysical Education.
合計11教科を学ぶことになります。

評価は文理問わず、AからGの7段階評価。

A-80%以上
B-70-79%
C-60-69&
D-50-59%
E-40-49%

IGCSEは一種の資格試験で、分かりやすく言えばTOFELのように、一種の資格として通用されます。(TOFEL 同様スコアが重要ですが)それは、学校独自の卒業証明よりも価値があると考えられているようです。

IGCSEの結果次第で、Year12,と13(日本の高2と高3)で

・シックスフォーム
(大学受験を目的とした高等学校・予備校)A LevelまたはIBコース:2年間
・プリユニバシティ / ファンデーションコース:1年間
・専門学校的なカレッジ
・就職

など選択範囲が絞られてきます。IGCSEは、将来の進路を決める大切な試験です。

Year13の終わりにA LevelまたはIBの試験を受け、その結果を持って、大学にApplyします。イギリスを例にとると(ヨーロッパやイギリス領だった国はほぼ同じシステム)、シックスフォームカレッジ等でのA-level(イギリス国家試験資格)、IBディプロマ資格の結果(ポイント制)そのものが、大学入学申込みの資格となります。

イギリス式インターナショナルスクール、特に欧米人の先生や生徒が多い学校ほどプライマリーでは比較的のんびりしている学校が多いようですが、Year 10,11では相当頑張らなくては良い成績は残せません。
また、日本からの中学生・高校生のイギリス式の学校への留学は、IGCEのテストを考慮して慎重に
時期を決める必要があります。 

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大