覚悟が必要?インターナショナルスクールという選択


インターナショナルスクールって?


インターナショナルスクールとは、日本に住む外国人の子どもたちの為の学校であり、親の仕事の都合で海外で教育を受けた帰国子女にも門戸を開放しています。
日本にある有名なインターナショナルスクールでは、入学の条件として親がネイティブ並みの英語を話すことが要求されます。日本の学校同様、子どもの教育に関することの連絡や相談を先生としなくてはなりません。それがすべて英語なのですから、当然の条件といえるでしょう。またインターナショナルスクールは、英語を学ぶのではなく英語で学ぶのですから、子供の英語力も必要です。

しかしながら両親がネイティブ並みに英語を話せず、子供に英語力がなくても入学できるインターもあるようです。(お子さんの年齢が低ければ低いほど入学のハードルは低くなります)すべてとは言いませんが、教員の質、教育理念、カリキュラムなど不安な点が多いスクールも多々あります。流行っているから、なんとなくかっこいいからと、比較的入り易いインターナショナルスクールに入れる親御さんもいるようですが、お子さんの英語力の向上、さらに一番重要な幹となる教育と将来を考えると、そのような選択には親も子もかなりの覚悟が必要になります。


どんな覚悟が必要か?


インターナショナルスクールの高額な学費は、一般的な家庭には大きなネックとなります。日本におけるインターナショナルスクールは日本政府が認めた「学校」ではありませんので、日本にある外国企業や親たちがお金を出し合って運営している学校もあります。その為、国からの補助金もなく高額な学費が必要となります。歴史や実績のある有名な学校では年間約200万~がかかるとされています。親はこの学費を卒業まで払い続けるという覚悟が必要です。

そして、これは覚悟のいる最大のポイントです。インターナショナルスクールは「各種学校」として都道府県知事の認可を受けてはいますが、その他の多くは無認可校です。日本人の子供が通っても義務教育を受けたとは認められず、小学校や中学校に相当する課程で学んでも、義務教育を終えたことにはならないのです。日本の義務教育を終了したことにならないということは、通常の日本の大学に進学するする際には大検が必要となる他、一般的な大学入試の国語(日本語)のレベルまで到達させるのには相当の努力が必要となるでしょう。

インターナショナルスクールに通わせるという選択は、お子さんの将来を見据え、インターナショ卒業後の進路までを含めて考える必要があるでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大