留学費用を大幅に抑えて、欧米の大学を卒業できる!マレーシア留学という選択

多民族国家、英語が使える、物価の安さ、日本からの距離、時差が少ないなど、日本人にとって住みやすいマレーシア。リタイア後の移住や教育移住などで何かと注目されているマレーシアの私立大学には、学費を抑え欧米の大学を卒業できる魅力的なプログラムがいくつかあります。

これらのプログラムの最大のメリットは、直接欧米の大学に進学するより、マレーシアを経由する事により、学費と生活費を合わせた費用を大幅に抑える事ができる点です。マレーシアの大学に入学して欧米の大学を卒業できる、アジア人には人気のある有り難いシステムです。

また、マレーシアの私大は留学生の受け入れに積極的で、合格基準や英語基準も欧米諸国に比べればそれほど高くないのも人気の理由です。

マレーシアの私立大学は現在33校。それぞれの大学のどの学部がどのプログラムを実施しているか、どの大学と提携しているのかをしっかりチェックし、それぞれにあったプログラムを選びましょう。


ツイニングプログラム (Twinning Program)


ツイニングプログラムとは、マレーシアの大学に入学して、主にイギリス、オーストラリアなどの大学と提携したプログラムを勉強し、卒業時には提携先の大学の学士(Dgree)を取得できるプログラムです。

※ Dgreeとは、日本の「学士課程」(4年制大学卒業)に相当する学位。

ツイニングプログラムは『2+1型』、『1+2型』、『3+0型』の3種類があります。

・『2+1型』は2年間マレーシアの大学で勉強し、最後の1年間を提携先のイギリスまたはオーストラリアの大学で勉強します。この型が一般的です。

・『1+2型』は1年間マレーシア、2年間をイギリスまたはオーストラリアの大学で勉強します。

・『3+0型』はマレーシアでの履修だけで海外提携校の学位を取得できます。


デュアル(ダブル)ディグリープログラム


デュアルディグリープログラムは、マレーシアの大学と海外提携校の両方の学位を取得できるというものです。通常マレーシアでの履修だけで海外提携校の学位も同時に取得できます。

つまり、マレーシアの大学へ留学するだけで、欧米の大学とマレーシアの大学の両方の卒業の資格を得たことになります。

ツイニングプログラムのように前半をマレーシアの大学、後半を提携先のイギリスやオーストラリアの大学で勉強する場合と、マレーシアの大学のみで勉強する場合のパターンがあります。

ツイニングプログラムでは、提携先大学の学位のみを取得することになりますが、デュアルディグリープログラムは、1度の留学でマレーシアの大学と提携先の大学の二つの学位を取得できます。


クレジットトランスファープログラムADP  (American Degree Transfer Program)


「米国大学編入制度」ADP(American Degree Transfer Program)で、前半2年をマレーシアで、後半2年をアメリカの大学で学習することで、アメリカの大学の学位を取得できるシステムです。アメリカ以外にもカナダ、オーストラリア、イギリスの大学が対象となる場合があります。

また、「2+2」以外に「1+3」、「1+4」(アメリカIVYリーグ大学)、「4+0」(マレーシアのみ)の場合もあります。

ツイニングおよびデュアルディグリーでは最初から特定の提携校とその学部が決まっているのに対し、ADPでは通常アメリカを主とした数多くの大学が選択肢となるのが特徴です。(希にツイニングのようにペアになっているADPもあります。)

アメリカの4年制大学へ編入する割安な方法として、アメリカの「コミュニティーカレッジ(コミカレ)」(2年)を経由する方法が知られていますが、マレーシアのADPを利用する手段は、留学費用をより抑えることができます。

将来はアメリカの大学へ留学したいと考える学生には、もっとも適した制度です。多くの私立大学にADP(あるいはADTP)というコース(学部)があり、その中から更にビジネス、コンピューター、エンジニアリング等の学科を選択します。アメリカへダイレクトに留学するより入学基準がゆるい、英語を段階的に学習できる、などのメリットがあります。

イギリス式を採用しているほかのプログラムと異なり、日本の大学のように最初の2年間は一般教養科目を中心に勉強します。日本の大学と異なるのは、一般教養科目を中心に勉強している間に、進学先及び学部をじっくり考える事ができる事です。大学に進学するものの、将来何になりたくて、どんな事が勉強したいのか決まっていない人にとっては、実際に大学という所に行ってみてからじっくり選ぶ事ができるプログラムです。


これらの魅力的なプログラムを実施している大学と提携先の大学をご紹介します。
下記はその1例です。

USCI univercity USCI大学  http://www.ucsiuniversity.edu.my/

主な提携大学
オーストラリア:メルボルン大学・クイーンズランド大学・カーティン大学・ディーキン大学・クイーンズランド工科大学・南オーストラリア大学

イギリス:ハートフォードシャイア大学・セントラルランカスター大学・ミドルセックス大学・ポーツマス大学・西イングランド大学・ノーサンプトン大学・ノーザンブリア大学

カナダ:マニトバ大学

HELP University ヘルプ大学  http://help.edu.my/

主な提携大学
ツイニングプログラム
オーストラリア:ビジネス系&IT系専攻 クイーンズランド大学

イギリス:法学部 リーズ大学・リバプール大学・ノーザンビア大学・西イングランド大学・ブリストル:マンチェスター大学・シェフィールド大学など

その他

オーストラリア:オーストラリア国立大学・グリフィス大学・ウーロンゴン大学・メルボルン大学・ニューサウスウェールズ大学・ディーキン大学・カーティン工科大学・シドニー工科大学・スウィンバーン工科大学・ボンド大学・エディスコーワン大学・サンシャインコースト大学

イギリス:ハートフォードシャイア大学・バーミンガム大学・バンガー大学・エセックス大学・ダービー大学・カーディフ大学・ポーツマウス大学・ノーザンビア大学・西イングランド大学ブリストル

ニュージーランド:ワイカト大学

Asia Pacific University of Technology & Innovation APU大学 

http://www.apu.edu.my/

主な提携大学
イギリス:スタッフォードシェアー大学(Staffordshire University)

Sunway University   サンウェイ大学

http://sunway.edu.my/university/

主な提携大学
デュアルディグリー
ランカスター大学(イギリス)+サンウェイ大学の2学位を取得

マレーシア国内で国外提携大学の学位を取得
ビクトリア大学(オーストラリア)ビジネス学
コルドンブルー(フランス)料理学、レストランマネージメント との共同学位を取得

SEGi University College  セギ大学  http://www.segi.edu.my/

主な提携校
イギリス:サンダーランド大学・アバータイ大学・グリーンウィッチ大学

INTI International University and Colleges   INTI国際大学
http://newinti.edu.my/

主な提携校
ハートフォードシャー大学(イギリス)
Wollongong大学(オーストラリア)
ブルーマウンテン国際ホテル経営大学(オーストラリア)


インターキャンパスプログラム


海外大学の分校は、マレーシアの大学特有のツイニングプログラムやアメリカ大学編入プログラム(ADTP:アメリカンディグリートランスファープログラム)などに比べると多くの選択肢はありません。
授業料はマレーシアの大学より高めですが、国外の本校に比べれば半額未満と割安感があり ます。さらにマレーシアでは生活費を押さえられるメリットもあります。

これらの大学は他のマレーシア私立大学に比べ、比較的高い高校成績および英語基準が要求されます。(英語力は入学後、学内の英語コースでも対応可能。)英語力や学業成績の比較的高い生徒、あるいは日本またはマレーシアのインター校で教育を受けた生徒、現在日本の大学に在籍しているが、大学変更希望を希望する大学生にとっては狙い目と言えます。

その中でもモナシュ大学は, オーストラリアのトップ8大学 (Group of Eight) の一つであり、オーストラリアで最大規模を誇る総合大学です。世界ランクは(Times Higher Education World University Rankings 2015-2016)73位 , (2014/2015 QS World University Rankings) 67位にランクされる評価の高い大学です。この世界ランキングでは東大と京大の間にランキングされています。

現在マレーシアキャンパスを開設している大学は、

カーティン大学 Curtin University of Technology (オーストラリア)

モナッシュ大学 Monash University (オーストラリア)

ノッティンガム大学 University of Nottingham (イギリス)

スウィンバン大学 Swinburne University of Technology (オーストラリア)

リムコックウィン大学 Limkokwing University of Creative Technology (ロンドン 北京、カンボジア、バリ)

ロンドン大学インターナショナルプログラム University of London(イギリス/ヘルプ大学内に設置) などがあります。


このように、マレーシアの大学はイギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、フランス、ドイツといった国々の国際的に評価の高い大学と提携しています。これらのプログラムを通じ、学生は二つの国で貴重な体験をしながら、マレーシアでの割安な学費と生活費を活用し、先進国の大学の国際的に認定された学士号を取得することができるのです。

これらのプログラムを活用し欧米諸国の大学へ留学を目的とした学生が、世界各国からマレーシアに留学しています。2010年には世界100ヵ国以上から8万人の学生が留学しています。既に、お隣の国韓国、中国からの留学生は多くいるのに対し、まだまだ日本の留学生は少ないのが現状。日本の多くの学生、ご両親にもこの制度を知ってもらい、たくさんの若者に世界で学び、活躍して欲しいものです。

 

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大